以 下は、2012年以降に会長宅で再開した小規模セミナーにご参加いただいた受講生、あるいは通信講座を受講いただいた方々の受講感想文です。遠方の方々は 近くのホテルに宿泊なさり ながらの受講でした。毎日、新幹線で4日間通って下さった方もおられます。私達も真剣勝負で皆様方に可能な限り最新の正しい情報をご提供することを心がけ ました。4日間、終日ご一緒でしたので、まるで家族の一員のように感じられました。お別れするのがとても辛かったです。情報は、毎回、毎回、新しくなって います。時折は掲示板のチェックをしていただけるとうれしいです。現在は、通信講座のみですが、2017年秋頃には、会長宅でのセミナーを再開できたらと 願って準備をしております。

      

狭いながらもアットホームなセミナールームです
ランチやティータイムは居間の掘りごたつでご一緒に
運がいいと裏山から来るタヌキに出会えるかも‥



今回は大変長い月日の間お世話になりました。「日本アニマルアロマセラピー協会」での勉強は大変有意義なものでした。ペット、人との区別なく、アロマセラピーそのものへの意識は変わり、現在社会においての現状に恐れを感じます。
 私にとって、とりわけ犬はかけがえのない伴侶動物です。その生理/代謝を知り、精油の危険性を学べたことはとても幸せなことです。ただ、日本で本 物の精油が購入しずらいことが残念でなりません。今後も精進してまいりますので、ご指導の程、何卒宜しくお願い申し上げます。
(ハーブ、アロマセラピー、カルチャースクール講師 埼玉県 T.K.様)

 
 ※通信での受講で、最終日の実習にご参加いただいた受講生です。

講座を受講する前からワクワクしていました。何故なら、これまでの学校やセラピストがやっていること、言っていることが間違いではと思っていたので、 「本当のことが知りたい」と思っていました。様々なことが解明されるのではという予感がありました。講義では、想像をはるかに超える驚愕の事実を目の当た りにして、頭や気持ちが混乱しました。講習会が終了した後は、どうやって真実を人にお伝えしようかと、お伝えしていけるのかと、違う意味で混乱中です。現 在出来上がっているアロマセラピーの認識を覆すことになるからです。これは、思っている以上に大変だろうと思われます。しかし、今回、講座を受講でき、色 々と教えて頂きましたことは、私の人生の宝ものです。化学の項が多く、慣れない言葉にも四苦八苦しましたが、精油=薬ということを強く認識いたしました。 施術を行っているアロマセラピスト、ドッグマッサージセラピスト、アロマ教育機関の講師の方々に是非お薦めしたいと思っています。アロマの世界もペットの 世界も日々新しい情報が入って参りますが、情報に惑わされず、常にアンテナを張り、情報収集と知識を深められるよう精進して行きたいと思っております。今 後とも、どうぞご指導、宜しくお願い致します。
(アロマセラピスト、ドッグマッサージセラピスト、東京都 K.K.様)

先日は4日間、非常に中身の濃い、本当にためになる内容のセミナーを受講させていただきありがとうございました。一人で受けさせていただいた日もあり、 今までの生徒さんたちに申し訳ない程、とても贅沢なセミナーだったと感謝しております。これまでにアロマについて学んできたなかで、今ひとつ腑に落ちな かった点、曖昧な情報でもやもやしていた点なども、今回のセミナーで科学的根拠に基づく説明により、ストンと納得できたり、他人に対しても自信をもって説 明できるようになったと思います。自分の中にしっかりとした柱ができたようで、本当に受講してよかったです。
 やっとスタート地点に立ったばかりですが、これからもっと勉強して、世間に正しい情報を広めていくこと、せっかくのアロマのもつ力を、正しい方法で有効に活用していくことが自分の使命だと感じています。
(獣医師 愛知県 M.M.様)
ア ロマセラピーに興味があり、どこで勉強しようか探して、、、一昨年、この協会を見つけました。去年はセミナーがなかったので、一年間待って受講することが できました。どこのアロマの教育機関をみても科学的に勉強が十分できそうになかったので、日本アニマルアロマセラピー協会を選びました。受講して、科学的 な情報だけではなく、動物たちの日頃のケアについても、すごく勉強になりました。とても気になっていたペットフードの問題については、もっともっと勉強し たかったです。少人数の授業だったので、わからないこともすぐに聞くことができたし、授業料が倍あったとしても受けて損は一つもない講座でした。毎日、熱 心に授業をしてくださる先生方の姿勢、本当に正しい情報を人と動物のために広めたいと願っていることがわかりました。私もそんな風になりたいです!!
 私のアロマセラピーはまだ始ったばかりでわからないことだらけで、相談させてもらうことが沢山あると思いますが、今後とも宜しくお願いします。最後になりましたが、4日間、朝から夕方まで本当にありがとうございました。
(競走馬育成牧場の乗馬インストラクター 北海道 M.Y.様)
4日間のセミナーを受講させていただき、ありがとうございました。いかに無知であったか、無神経にアロマを常用していたか、理解できました。難しい化学 的、科学的なことを分かり易く説明して下さり、ほぼ理解できたような気がします。私がしていたことが、犬猫にとって虐待していたことと同じだったことを学 びました。たくさんの間違った情報が氾濫する中で、本当のアロマセラピーを、そして最新の情報を教えていただけましたこと、先生方のセミナーを受講させて いただけましたこと感謝いたします。来年もまたお伺いして、正しい最新のアロマセラピー情報を勉強させていただきたいと思っております。
(動物病院勤務 福岡県 M.M.様)
アロマセラピーの学問への入門として、日本アニマルアロマセラピー協会の講座を受けることができたのは、本当に幸運だったと思っております。まさに正し い精油とは何か、人と動物も含めて、どのように精油を扱わなければならないのか、精油の補完代替医療としての可能性などなど、サイエンスの側面からも深く 学ぶことができました。また、アロマセラピーの現在の問題点も正しく理解することができました。精油について正しい知識を得たものは、人や動物に重大な副 作用が出ないように警鐘していくことが務めであるようにも感じました。個人的な取り組みとしては、知り合いの獣医師に日本アニマルアロマセラピー協会があ ること、原因不明の疾病に精油が関係している可能性も考慮しなければならないこと、猫やフェレットなどの肉食性の強い動物は、特に害を受け易いことなどを 連絡しました。今後、獣医学科のある大学で田邉先生方の行われる講座が必須となることを願っております。臨床獣医師の先生には、是非受けて頂きたい講座で す。
(獣医師 千葉県 K.M.様)
  4日間、長時間の講義をどうもありがとうございました。科学的に裏付けられた内容でしたので、理解しながら講義を受けるのは疲れましたが、満足感もかなり ありました。講義を受ける前は、アニマルアロマセラピーに関して情報が少なく、またあったとしてもその情報が正しいものか判断できず、診療に使用するに は、安全性に懸念がありました。
 医薬品として元は植物より抽出されたものを化学構造と薬理作用を確定し、精製及び化学合成したものですし、植物から蒸留し凝縮した精油は濃厚な化学物質 だと考えていましたので、簡単には診療にアロマセラピーを役立てる事ができませんでした。今回の講義で想像以上に安易に使用するものではないと感じまし た。また、アニマルアロマセラピーの現状を伺い、対策を講じる必要性を感じました。アニマルアロマセラピーを行う方は、是非受講していただきたいと思いま す。
 今後は精油の化学や、生体への効果、反応について知識を広げたいと思います。症例報告会など行うと情報の蓄積になると思い、有用ではないかと感じました。ブラッシュアップセミナーがありましたら、是非参加したいと思います。
(獣医師 神奈川県 I.H.様)
4 日間ありがとうございました。楽しく講義を受けさせて頂きました。アロマセラピーにビジネスの可能性を求めて受講しましたが、厳しい現実に直面しました。 そんなに安直なものではありませんでした。まず、市販の精油成分が人為的に調整されているなどということは考えてもみませんでしたし、アロマ関連の書籍も 疑ってかからなければいけないとは思っていませんでした。受講後は、数あるアロマ関連サイトを猜疑心をもって見るようになってしまいました。何が正しく、 何を疑うのか、基本的なことは、この4日間の講義で教えて頂きましたが、ここから先は自分で考え行動をしなければなりません。教えていただいたことをどの ように正しく広めていけるか、おそらくはビジネスというより伝道者に近いのかも知れません。講義内容は、久々の化学が難しかったです。前もってテキストを 送って頂けると目を通してから講義を受けられるので、有り難いのでは、と思いました。(獣医師 神奈川県  H.E.様)

も やもやしていたものがスッキリしました。たくさんの裏事情、動物の面白い話が聞けて勉強になりました。今後も、表沙汰になりにくい情報を知っていきたいで す。ブログに書けないようなことも、受講生向けに何らかの形で配信していただけたらと思います。すばらしい4日間をありがとうございます。(ボディーワー カー 宮城県 K.S.様)
三月、四月と二か月間にわたる四日間において、アロマと人間、動物達との正しい共存や、今置かれていますたくさんの問題点などを学ぶことが出来まして重ね 重ね御礼申し上げます。これからも、教科書に、また新情報など、自分の身になるよう勉強していきたいと思います。どうぞ宜しくお願いいたします。(主婦 神奈川県 T.F.様)
興 記先生、和子先生、コナちゃん、ありがとうございました!動物のアロマセラピーについて、田邉御夫妻から指導していただき、本当によかったと思っていま す。やっと私の頭の中で、"アロマ"が"科学"になり、単なる趣味でなくなりました。通信教育で申し込みしてから、通学で受講するまでの約2か月間は、ヒ トのアロマセラピーやハーブの講習も同時に受けていて、さまざまな本、指導者、ブランドの情報に収拾がつかなくなり、溺れかけていました。ここまでアロマ の勉強に執着したのは、脳挫傷による嗅覚脱失の3年間の自己体験が大変辛かったので、にほい(香り)の心身への影響について本質的に知りたいと思ったから です。脳外科医でも、器質的な問題がなければ、気持ちの問題としかとらえてくれません。ヒトでさえもこのような状態で、ましてや動物が対象となればどうな のか。あふれる情報の中で、世界におけるアロマの実情をはっきり記述しておられたのは日本アニマルアロマセラピー協会のテキストだけでしたし、何より大好 きな動物たちをとりまく環境やアロマセラピーに対する考え方にも賛同しました。香り=癒しだけではありません。その化学成分が身体に与える影響を正しく分 析した上で、プラスになる使い方をしなければ大変危険であるということを、知恵熱が出るほど考え込みました。(実際、ショッキングな実例が多かったの で‥)これから、海棲哺乳類の研究に復帰しますが、今回勉強したことで、興味のスペクトルが更に広がり、深くなりました。「アロマセラピーの独学は至難の 業ではありますが、決して不可能ではない」という言葉が何度も胸にひびきます。草の根運動であっても、動物第一主義のアロマセラピーの普及のために、これ からも勉強を続け、活動していこうと思います。今後も、よろしくお願いいたします。(歯科医師 千葉県 K.A.様)

 

充実の貴重な時間を本当にありがとうございました。私は他のアロマスクールでアロマセラピーを学んでいる途中でこのセミナーを受講させて頂きました。私は今まで学んでいた内容に全く納得がいかず、様々な疑問と共に曖昧模糊とした感覚が常につきまとっていました。

今回のセミナーで、この不快な感覚は明確に払拭されました。4日間全ての内容を十分理解するには、まだ頭が足りませんが、自分が感じていた感覚が間違っていなかったということが確信できたこと、原因がわかったことが私にとっては、次の一歩への自信につながりました。

先生方は難しい内容も分かりやすく丁寧に、そして静かな口調(でも先生方は実にとても情熱的です!!)でお話下さるので、私にとってはとても恵まれた環境 でした。人間以外の動物のことは全く素人の私でしたが、価値ある知識と情報が盛りだくさんでした。DVDがもっと大きな画面でみることができたら、よかっ たな‥と思いました。

たくさんの感謝をこめて (美容業 福岡市 S. A.様)  
猫 を飼っているのですが、アロマの情報を知ろうとインターネットで調べたところ、最近よく猫のアロマの危険性が個人のホームページに載っています。情報源を つきとめたら、この日本アニマルアロマセラピー協会につきあたりました。そこで、私はアロマを習うなら「まずはこちらから」と決めて、講座に参加しまし た。会場は会長のご自宅とのことで、穏やかな環境で受ける講座でしたが、4日間の内容は幅が広く、濃く、また一般的なアロマの知識を覆すようなものであっ たため、私のような覚えの悪いものには、返って先入観がなくて良かったかな?とも思えました。

また、アロマの世界を研究すると、手間と時間、そしてお金も大変かかるとも思いました。非力ながら、何かお手伝いができればと思います。

個人的には、精油を含めた農産物は地産地消、日本人なので日本の土地の恵みが頂けたらいいなと思いました。 (事務員 武蔵野市 Y.M.様)
全くアロマセラピーのことを知らなくて受講しました。4日 間の受講で原理から安全性、副作用、有効利用法と内容が濃く、知らなければいけない事がたくさんありました。今後、アニマルアロマセラピーとして安易に精 油が使用されると危険であることを全ての人に認識してもらえると、事故も防ぐことができるので、この講座は続けてもらいたいです。(京都府 上京どうぶつ病院院長 安 川 辰弘獣医師)

再 受講をさせていただき、ありがとうございました。初回の4日間では消化しきれない程ボリュームもたっぷりでしたのに、再受講ではテキストが更にリニューア ルされていておどろきました。精油と薬の相互作用や動物種の違いによる化学物質の代謝能力の違いにについては耳慣れない用語が多く、なかなかついていけま せんでしたが、試験を受けて少しだけなじめたように感じています。

古い、そして確実に誤りであるとわかった情報については、勇気を持ってすてることにします。有効に使われればアロマテラピーは本当に良いものだと思いま す。必要最小限の使用ですばらしい効果を得ることが可能であると改めて実感しました。その為に何を学ぶ必要があるかを教えていただけた貴重な講座でした。
Balchin先生の本をこれから熟読します。興記先生、和子先生、甲能先生、本当にありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。(アロマセラピスト 東京都 和田文緒様)


セミナー受講前、資格を取り立ての私は、精油の使用について、まずその精油の副作用から調べていきました。調べれば調べる程、前に進めなくなり、日本アニマ ルアロマセラピー協会のホームページに辿り着きました。先生方がセミナーを開催して下さることに感謝の気持ちで一杯で、ただただ、その日を楽しみにしてい ました。

実際にセミナーを受講させていただいて、化学の所や酵素の名称や働きは難しく、理解する為にもっと学習したいし、しっかり頭に叩き込みたいです。講座の内容は、120%(もっとです!)満足でした。

世間で言われ、自分が信じている事が、全く間違っていた事を教えて頂き、愕然としましたが、どんどん興味深くなって来ました。だまに脱線したこぼれ話(ぶっちゃけトーク)もすごく楽しかったです!

実は子供の頃、祖父が宮崎で牛を飼っていて、出産(瞬間は見られませんでしたが)や子育てを見ていて、ただ漠然と獣医さんになりたいと思っていた時期がありました。受験後、あーー、やっぱり獣医さんになっておけば良かった!と思いました。

今後の要望は、また帰国した際に、今回難しかった所の復習と情報のUpdateの講座を開催して頂ければ嬉しいです。あとは、実際に精油を分析している所を見学してみたいです。

本当に有意義な時間をありがとうございました。この夏一番の思い出となりました。テストは諦めずに最後までやり抜きますので、どうぞ気長におつきあい下さいませ。今後とも宜しくお願い申し上げます。

(ヨガインストラクター&アロマセラピスト 米国ニュージャージー州 M.K 様)
この度は再受講させていただき、ありがとうございました。

それにしても、相変わらず濃い講座内容で、ボランティアの一環だとおっしゃっていましたが、本当にこの人数であの金額で受講するのは、もったいない気持ちでいっぱいです。

また、毎回ヴァージョンアップしているテキストも、3冊目となってしまい、こちらも申し訳ありません。

さて、再受講するたびに(正しく使用しないことによる)精油の恐ろしさと、気軽に精油を使用している世間の生活に、ギャップともどかしさと恐怖を感じてしまいます。

女性ファッション誌に毎月のように掲載される自然派高級ヘアケアブランドの『痛んだ髪用のトリートメント』、使いたいけど、う~ん、このローズの香りが要 らないのよ~・・・・!臭いのよ!このお値段じゃ本物のローズの香りは製作できないのよ!・・・・などと、心に思いつつ、店員さんには優しくやんわりと、 『良い商品だと思いますが、犬を飼っているので、こういう匂い(香りとは言わない)は犬にはダメなんですよねぇ~』とお断りしました。

この若い女性の店員さんが、犬を飼っているとか、香りに興味を持っているとかで、少しでも気にし始めてくれれば・・・・・という、私なりの草の根運動です(笑)

また、会社ではウサギ(1番人気!!)や犬・猫を飼っている人がいるのですが、幸いなことにアロマには興味のない人種です(笑)。しかし、世の中には、柔軟剤などの香りが充満しているので、そちらの方面での注意の啓蒙活動に努めたいと思います(笑)

あとは、フードですよね。
昨日のお話では、うさぎなどのフードはまだマシ・・・・・とのことでしたし、会社ではキャベツや大根の葉っぱの入手の話をしているので、比較的手作りご飯のようです。

翻って我が家ですが・・・・
ようやくフードは、フリントリバーランチに落ち着いています。(私が出資しているから・・・・笑)
それに加え、飼い主の妹の目を盗んで、少しずつ野菜なども食べさせています。今朝は、赤パプリカを少々準備してきました。また、犬が喜んで食べるので、当 初は猛反対された煮干しも、ようやくご褒美として堂々と食べさせることができるようになりました(もちろん無塩)先日は、なんと妹が自ら購入していました (笑)これには私も驚きました。

これからも、妹の目を盗んで、いろいろと精油やシャンプー、虫よけと試していきたいと思います。(精油は香るので、妹の留守中にこっそりと・・・・笑)いえいえ、何といってもすべて犬の為ですから・・・(笑)

では、お体を大切にされつつ、今後もますますのご活躍をお祈りしています。
今後ともよろしくお願いいたします。(団体職員 埼玉県 松本様)
I have enjoyed my intense exploration of the material provided.
Many thanks for your considered explanations.  At some point I could help you write the exam for an English speaker- a simpler way would be to ask if the statement is True or False, that might make it less open to interpretation. (Dr.Barbara Fougre, Veterinarian, Australia. 2015)

知 りたいことを学べる!こちらの協会と出会った時、まず感じたのはそれでした。今、講師活動はしていませんが、某団体のアロマのインストラクター資格を持っ ています。が、その団体の示す精油の安全な使用に関して疑問を払拭できずにいました。ちょうど、この協会のHPを拝見しました。育児真っ只中の私にとっ て、通信講座で学習できたことはとても有り難かったです。メールでのやりとりはこまめにさせていただけましたし、時にはお電話でもお話させていただけまし た。私の方のペースを尊重してくださった先生には、本当に感謝の気持ちで一杯です。講座の内容は、私の知りたかったことが詰まっていました。当初、レポー トの提出は育児もあり、大変かなと思っていたのですが、勉強ができる喜びからか、全く大変と感じず、むしろ、毎日がとても充実したものとなりました。ま た、アロマに加えて、フードについても知ることができたことは、我が家の2ニャンの健康を守る上で大変ありがたいものでした。専門的な内容もたくさんあり ますが、丁寧なご指導のおかげで、文系の私でも理解できました。本当によくして頂き、ありがとうございました。

植物、動物、そして人間、全ての存在が幸せになれるような世界になったらいいな、というのが私の夢です。(夢見る夢子の様ですが、、)学ばせていただいた ことを生かし、アロマセラピーの本当のところ、本物のアロマセラピーについて、周囲の方々にお伝えしていきたいと思っています。(新潟県在住 松田様 2015年7月28日)
通 信講座の受講で初めてテキストを開いたときは、とても専門的な内容で、理解できるかどうか本当に不安でした。レポートを提出する度に丁寧に、何度もでも説 明してくださり、通信講座を受けている感じがしませんでした。付属のDVDとテキストだけだとわからない部分を先生のわかりやすい説明で、セミナーを受講 している感覚で学ぶことができました。遠方だとセミナーの受講も大変なので、先生の講義が聞けるDVDは本当に助かりました。

内容は目からうろこでしたが、テキストの結びの言葉の「動物のアロマセラピーを勉強すると人にも安全に精油を使えるようになる」を実感しました。

こちらで学んだお陰で、我が家の猫の寿命も少し伸びたと思います。メールのやりとりは、時にはがゆいですが、とても身近に感じられるほどでした。またセミナーが再開された際は参加してみたいと思います。
(長野県在住 白鳥様 2015年8月29日)
セミナーを受講するまでは、アロマに関して薄っぺらい知識しか持たず、「何となく、良い効果があるらしい!」という程度でした。猫や妊婦に対して危険と言うけれど、使っているケースもある、、、
本当はどうなのか科学的に知りたい!というのが通信講座を受講したきっかけでした。

田邉先生には迅速・丁寧にこと細かいご指導を頂き、大変勉強になりました。実際に農園の方や分析者の方とコンタクトを取り、得てこられたご経験、今後もまた共有頂きたいです。

今後は得られた知識を実践に使っていきたいと思います。また、安易な精油使用へも警鐘を鳴らしていきたい所存です。何卒よろしくお願いいたします。
(大阪府在住 M.R.様 獣医師 2016年4月)
もともと自分の体調管理のためにアロマセラピーを取り入れていましたが、同じ部屋に小動物がいることで、その子に何か影響はないのか疑問に思ったことがきっかけでした。

動物(犬・猫)看護の専門学校で以前仕事をしていた時に、精油をブレンドした肉球クリームを作っている人がいて、「舐めても大丈夫」と発言していた時か ら、犬ブーム、猫ブームの日本だからこそ、間違った情報や、それに便乗して、知識のない人が講義やクラフト作りをしていることに疑問を感じていました。

最初はJMAAのセミナーに参加をしましたが、「安全とは言えないけれど○
○の精油を猫や小動物に使用しても問題ない」と断言されていて、その後、こちらの協会を知りました。何事にも疑問を持つことが大切なのだと改めて思いましたが、こんなにも世に溢れている情報が間違っていて、それを自己責任で片付けられてしまうアロマ業界の実態を知ることもできました。

泣き寝入りしないためにも「なぜこの動物にこの精油はNGなのか、自分のペットがこの症状の時は、この精油やハイドロゾルを使うと、なぜ効果があるの か」・・・など、自分が納得して得た知識が一番信用でき、自分とペットを守れます。自分の言葉でレポートを書いていくことは大変かもしれませんが、第三者 に分かり易く説明できる力と、ペットへの安全なアロマセラピーの取り入れ方が身につく講座でした。私は、アロマの資格を取るために大金を費やす前に、この 協会に出会うことができてラッキーでした。

途中、間があいてしまったり、長い期間になりましたが、田邉先生ありがとうございました!(神奈川県在住 M.Y.様 2016年4月)


モルモットを飼っているのですが、抗生物質に対する耐性が弱いため、病気にならないように予防に気をつけていきたいと思っていました。そのために何ができるかを考えたとき、アロマの可能性を知り、アロマについて勉強しようと思いました。

小動物にアロマは使えないことを知ったので、今後、学んだ知識をどう活かしていくかは分かりませんが、もし、いつか犬を飼うことがあれば、学んだことを思い出したいと思います。もし、猫を飼うことがあれば、アロマは使わないようにします。

内容は難しかったですが、先生がすぐに対応して説明して下さり、とても興味深く学ぶことができました。良質のアロマを入手することがとても難しいことが分かり、手作りで化粧水を作ったりしますが、アロマの使用は控えようかと思っています。

猫や小動物に精油を使うべきではないことが分かったのは、とても重要なことだと思いますし、まわりの人達にも伝えていきたいと思います。有難うございました。(兵庫県在住 Y.H.様 
2016年4月
た またまでした。とある精油会社のxxタッチというマッサージで、そこの方があまりにミラクルを強調するのがうさんくさく、、本当はどうなのかの知識を得た くて受講。人と動物は全然違うことに目からウロコ、精油は毒物にちかい部分が多いにありに納得。あのまま使いづづけなくて良かった!と、心底思っておりま す。

学習してみると、実際の使用は難しいなと思いますが、使いこなせるようになりたいと思っています。でも、そのためには、もっと情報の蓄積が必要と感じてい ます。テキストにあった多目的ブレンドでウチの犬たちのこぎたない耳が、なんかきれいになりました。老犬の歩きっぷりは、痛みではないのか、あまり変わり がないですが、寝る前に首回りにそれを使うと、夜中の鼻閉が若干、解消されているような気がします。

精油の化学の部分がやっぱりハードルが高い。慣用名もなかなか馴染みがうすく、これからもう少し興味を持って再読します。

テキストは、たくみに行ったり来たりさせられる感じで、理解を確実なものにしていくのに有効でした。
行き着くところ、口から与えるものの妥当性が大切と結論。コストもありますが、良いものを食べさせたいと思います。長文すみません。ありがとうございました。(新潟県在住 看護師 I.S.様 
2016年5月
受講させて頂き、田邉先生ご夫妻とご縁をいただけたこと、心から感謝しております。ありがとうございます。昨今のアロマブームの中、犬にもアロマをという情報が数多くあり、本当にだいじょうぶなのか、何が真実なのかを知りたくて受講いたしました。

予想を超える濃い内容とアロマ界の真実に驚き、アッという間の全4回でした。
飼い主さんが可愛がっている動物たちの為によかれと思って使ったアロマが逆に害になっていることがあるとしたら、、無知は罪だと思いました。


私の周囲の飼い主さんには、草の根的に猫にアロマは危険だということなど、教えていただいた真実を伝えていきたいと思います。又、逆に良質の精油を使用しての今後の可能性も改めて感じました。

多目的ブレンドを作れたこともとても楽しかったです。これから、様々な情報に踊らされず、真実を見抜く目を持てるように精進したいと思います。

又、単発でも良いので田邉先生ご夫妻の豊富な知識と経験をお聞かせ頂けるセミナーを開催していただけたら、是非参加したいです。アロマだけに限らず、まだたくさんお話をお聞きしたかったです。
(東京都小平市在住 A.M.様 2016年11月


15 年前にアロマセラピーに興味を持ち、少しずつ勉強をし始めました。資格も取得し仕事にして行きたいと思いましたが、正直言ってアロマスクールに通っていた 時から、精油の効果を強く感じたことはありませんでした。しかし、「香り」というものが好きだったし、香りが情動に及ぼす効果に魅力を感じていました。そ んな時にドテラ社の精油に出会い、初めて精油の効果を実感したのですが、販売方法に抵抗があったのと、何よりその使用方法に強い疑問をずっと感じていまし た。しかし、どのスクールに行っても、今回の講座のように精油の詳しい体内での代謝のシステムやアロマ業界のビジネス背景などを教えてくれる所はありませ んでした。

ずっとモヤモヤとした疑問を抱えていた時に、田邉先生のブログを拝読し、講座をぜひ受講したいと思いました。また、猫を飼っているクライアントの方に、き ちんとした説明ができなかった事、私自身も犬と猫を飼っているので、安全にペットにアロマを使いたいと思ったのも受講理由です。

今回受講したことで、精油の体内での代謝について、精油がゼノバイオティックスであり、その危険性を理解すべきものである事、アロマ業界の精油ビジネスの 背景等々、どのスクールでも、どの先生からも教わることができなかった事を教えて下さり、心から感謝しております。テキストも再度読み直してみて、その素 晴らしさを実感し、先生お二人に尊敬の念を抱いております。4日間ありがとうございました。
(東京都小平市在住 N.H.様 2016年12月

精油はとても濃縮されたものなので、希釈したとしても、動物に使用するのは本当のところどうなんだろう.....とこの数年間ずっと疑問に思っていましたが、今回の受講でいろいろなことがクリアになり、とてもスッキリしました。

アロマセラピーの良いところ、注意しなければいけないところを田邉先生から包み隠さず教えていただき、とても濃い内容の講座でした。

アロマ以外の先生のお話も大変楽しく、毎回あっという間に時間が過ぎて、気がつけば夕方の終了時刻になっていました。

先生から分けていただいた精油入りのシャンプーも素晴らしい品質のもので、一度使用しただけで、我が家の犬の痒みが明らかにおさまり、良質な精油とその他の材料の効果に驚いています。

そして、和子先生が愛犬のコナちゃんをとても細やかなご配慮で介護されていて、拝見していて勉強になりました。

4回の講座の中で、本当に沢山のことを学ばせていただきました。ありがとうございました!!
(千葉県鎌ヶ谷市在住 M.M.様 2016年12月
受 講したいなと思ったきっかけは、ペット(犬や猫)に対してティートゥリーは使っていいと言うところや、ティートゥリーはペットにはダメなどと、正反対のこ とを耳にすることが多く、何が正しいのかしっかり学びたいと思ってさがしていて、田邉先生のところを知り、お電話をしました。すごく親切にお話を聞いて下 さり、質問にも答えて下さり、田邉先生に教わりたいと思いました。

アロマについては、結構勉強してきたつもりでしたが、受講してみると、私にとっては新しい情報がいっぱいでした。疑問に思っていたことはもちろん解決して いただき、なぜ今までこんな大切なことに気づかず、疑問にも思わなかったんだろうという本当に大切な事を教わることができました。本当にありがとうござい ました。情報というのは、日々新しくなったり、わかってくることもあると思うので、また田邉先生のお話を聞く機会があればとても嬉しいです。

テキストもどんどん更新され、本当にすごいなと思っています。更新された際には、購入させていただきたいので、よろしくお願いいたします。

作らせていただいたブレンドオイル、とってもいいです!!
ここまで効果を感じたのは初めてです。香りもお気に入りです。
これからも、どうぞよろしくお願い致します。

(東京都在住 永山あゆみ様 2017年4月)
4日間のセミナー、本当にありがとうございました。人のアロマではなく、犬のアロマを知りたくて受講しました。初日から、びっくりすることが多くありましたが、私が本当に知りたかった事を学べたセミナーでした。

今回の受講では、アロマと真摯に向き合う方、私と同じ犬軸の方と一緒の受講だったこともラッキーだったと思っています。

4日間、私たちが口にするものにもとても注意を払っていただき、感謝しております。

私は、ハーブを人と犬のホームケア、セルフケアに役立てていただくための植物療法をお伝えする仕事をしております。このセミナーで学んだことをしっかり身につけて、今後も犬たちと飼い主様の暮らしをサポートして行きたいと思います。

(神奈川県在住 松原律子様 2017年4月)
セミナーを受講する前は、アロマセラピーは癒し効果があって安全なものというイメージがありましたが、受講すると、香りを楽しむだけではなく、効能があるということや、動物にとって危険性があるものということを理解できました。

飼い主さんと治療を進める上で新たなオプションを提示できるとともに、飼い主さんからもしアロマの使用の質問があった時に、アドバイスができるようになったので、受講してよかったです。

(ロンドン在住 中嶋智絵様 獣医師 2017年9月)



(c)Copyright Japan Animal Aromatherapy Association All rights reserved.