2007年より、鳥取大学/山口大学との共同で行っておりました犬におけるラベンダー精油の研究論文が、
2008年9月10日、American Journal of Veterinary Researchに正式採択され、
2009年6月号に出版されました(2009, Vol 70, No.6, pp 764-769)。
論文タイトル: 
 "Evaluation of the effect of topical application of lavender oil on autonomic nerve activity in dogs"

2009年、京都大学の協力を得て、鳥取大と共同で犬におけるラベンダー精油の実験をいたしました。

京都大学大学院農学研究科と共同で、Maria Lis-Balchin著 Aromatherapy Scienceの和訳に取り組みました。
2011年5月20日に、「アロマセラピーサイエンス」としてフレグランスジャーナル社より出版されました。
詳しくはフレグランスジャーナル社へお問い合わせ下さい。



田邉和子/松村康生 監訳

従来のアロマセラピー情報や研究方法の誤りを指摘するアロマ関係者必読の書です。

2010年、北里大学にてラベンダー精油を用いた犬のストレス研究で、唾液中アミラーゼ測定実験に協力をさせていただきました。

2012年、近畿大学農学部のハイドロゾルの研究に関し、動物臨床実験面でご協力をさせていただいております。

2013年1月、近畿大学農学部農業生産学科植物・人間関係学を学ぶ学生さんを対象に、動物のアロマセラピーの情報をご提供させていただきました。

2013年、近畿大学農学部のハイドロゾルの研究に関し、動物臨床面でご協力をさせていただきました。

2014年7月、近畿大学農学部との共同研究論文が、獣医療の学術誌「獣医畜産新報」に採択され7月号、JVM. vol.67. No.7. p527 資料にて、「アロマセラピーを施した犬の3症例」として掲載されました。